Amazon Web Servicesが提供する革命的なサーバーレスコンピューティングプラットフォームであるAWS Lambdaは、2014年11月13日の導入以来、テクノロジー業界で注目を集めています。しかし、AWS Lambdaとは具体的には何なのか、なぜこれほどの注目を浴びているのでしょうか?

1.AWS Lambdaとは?
2.AWS Lambdaの主な特徴と利点
3.サポートされているランタイム
4.AWS LambdaとEC2の比較
5.まとめ

1.AWS Lambdaとは?

AWS Lambdaは、サーバーのプロビジョニングや管理をせずに特定のイベントに応じてコードを実行することを開発者に可能にするイベント駆動型のコンピューティングクラウドサービスです。これにより、開発者はコードの記述にのみ集中し、インフラ、スケーリング、パッチ適用、および管理をAWSに任せることができます。

2.AWS Lambdaの主な特徴と利点

  1. サーバーレスアーキテクチャ: AWS Lambdaはサーバー管理を完全に抽象化し、開発者がコードの記述に集中できるようにします。
  2. 自動スケーラビリティ: Lambdaは自動的なスケーラビリティを提供し、手動の介入なしに任意の数のリクエストを処理できます。この効率的なアプローチにより、アプリケーションは急激な使用量の増加にも簡単に対応できます。
  3. コスト効率: AWS Lambdaは使用した分だけを支払うモデルを採用しています。コードのホスティングに基本費用はかかりませんし、コードの実行に基づいて請求され、最も近いミリ秒に四捨五入されます。このモデルにより、多くの企業が大幅なコスト削減を実現しています。
  4. 多様性: AWS Lambdaは、日常の業務、通知、S3オブジェクトの処理から、チャットボットの動力供給まで、幅広いタスクに使用できます。
  5. 迅速な反復開発: AWS Lambdaを使用することで、継続的なデリバリーツールの必要性を排除して、より迅速な反復開発を実現できます。
  6. 運用管理の削減: Lambdaの自動スケーラビリティにより、運用管理が削減され、製品のイノベーションと開発により集中できるようになります。

3.サポートされているランタイム

AWS Lambdaは、以下のプログラム言語をサポートしています。

  • Node.js(バージョン 18.x, 16.x, 14.x, 12.x)
  • Java(バージョン 11 および 8)
  • Python(バージョン 3.9, 3.8, 3.7, 3.6)
  • .NET(バージョン 6, 3.1, 3.0, 2.2)
  • Go(バージョン 1.x)
  • Ruby(バージョン 2.7)
  • Rust

4.AWS LambdaとEC2の比較

AWS LambdaとEC2は、Amazon Web Servicesの提供するものでありながら、異なる目的で提供されています。EC2は、仮想サーバー上でアプリケーションを実行するためのスケーラブルなコンピューティング容量を提供します。一方、AWS Lambdaは、Amazon S3バケットのデータの変更やDynamoDBテーブルの更新などのイベントに応答してバックエンドコードを実行するために設計されています。

5.まとめ

AWS Lambdaは、コスト削減、自動スケーラビリティ、迅速な反復開発、運用管理の削減など、多くの利点を提供します。クラウドへの移行が進む中、AWS Lambdaは、組織が業務を効率化し、より高い効率を達成するための強力なツールとして注目されています。