IT業界は常に進化し続けており、新しい技術やプラットフォームが日々登場しています。そのため、専門知識を証明する資格は非常に価値があります。今回は、弊社でも取得されることが多いIT業界で有効とされる資格を12つ紹介します。

1 AWS認定資格

  1. AWS Certified Cloud Practitionerクラウドプラクティショナー
  2. AWS Certified Solutions Architect – Associateソリューションアーキテクト – アソシエイト
  3. AWS Certified Solutions Architect – Professionalソリューションアーキテクト – プロフェッショナル
  4. AWS Certified DevOps Engineer – ProfessionalDevOpsエンジニア – プロフェッショナル
  5. AWS Certified Database – Specialtyデータベース – スペシャリティ
  6. AWS Certified Machine Learning – Specialty機械学習 – スペシャリティ

2 その他のIT資格

  1. ISTQB Certified Tester Foundation Level (CTFL)
  2. Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)
  3. 情報セキュリティマネジメント試験 (IPA)
  4. Oracle Database 12c Administrator Certified Associate
  5. PHP技術者認定初級
  6. Python 3 エンジニア認定基礎試験

3 まとめ

1.AWS認定資格

  1. AWS認定クラウドプラクティショナー: AWSの基本的な知識と理解を証明する資格です。クラウドの基本概念、AWSの主要サービス、セキュリティ、アーキテクチャ、価格設定についての理解が必要です。
  2. AWS認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト: AWSのアーキテクチャ設計の知識を証明する資格です。AWSの主要サービスの設計と展開、ベストプラクティス、コスト制御についての理解が必要です。
  3. AWS認定ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル: AWSの高度なアーキテクチャ設計の知識を証明する資格です。大規模なシステムの設計と展開、複雑なビジネス要件の解決についての理解が必要です。
  4. AWS認定DevOpsエンジニア – プロフェッショナル: AWS上でのDevOpsモデルの理解を証明する資格です。CI/CDパイプラインの設計と管理、AWSのサービスを使用した自動化、モニタリング、ログ管理についての理解が必要です。
  5. AWS認定データベース – スペシャリティ: AWSのデータベースサービスの深い理解を証明する資格です。AWSのデータベースサービスの設計、展開、管理についての理解が必要です。
  6. AWS認定機械学習 – スペシャリティ: AWSの機械学習サービスの深い理解を証明する資格です。AWSの機械学習サービスの設計、展開、管理についての理解が必要です。

2.その他のIT資格

  1. ISTQB認定テスター ファンデーションレベル: ソフトウェアテストの基本的な知識を証明する資格です。テストプロセス、テストデザインテクニック、テスト管理についての理解が必要です。
  2. Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ): Googleアナリティクスの使用経験と知識を証明する資格です。データ分析、レポート作成、デジタルマーケティングの理解が必要です。
  3. IPA情報セキュリティマネジメント: 情報セキュリティ管理の知識を証明する資格です。情報セキュリティの基本的な理解、リスク管理、法規制の理解が必要です。
  4. Oracle Database 12c Administrator Certified Associate(ORACLE MASTER Silver DBA12c): Oracleデータベース管理の知識を証明する資格です。データベースの設計、展開、管理についての理解が必要です。
  5. PHP技術者認定初級: PHPの基本的な知識とスキルを証明する資格です。PHPの基本的な文法、データベース操作、デバッグ技術についての理解が必要です。
  6. Python 3 エンジニア認定基礎試験: Pythonを使用したデータ分析の知識を証明する資格です。Pythonの基本的な文法、データ分析ライブラリの使用、データの視覚化についての理解が必要です。

3.まとめ

以下に示すのは主要な資格です。これらはそれぞれ特定の技能や知識を保証するものです。ただし、どの資格を選ぶべきかは、あなたの個々の職業的目標や興味によります。また、資格取得と同時に、実際の経験やスキルの蓄積も重視することをお勧めします。