マスタメンテナンス
についての課題

マスタメンテナンスとはマスタデータの更新やメンテナンスを指します。
新しい情報の追加、既存の情報の更新、不要な情報の削除などがこの作業に含まれます。
具体的にはシステムに搭載されているデータの登録フォームや削除フォームなどが主です。

ただ本来、それだけの機能では不十分で、

・データ変更した履歴を管理
・入力された文章の制約で文字揺れをなくす
・データごとにアクセスできる人を分ける

そこまで作りこまないとデータを最新かつ正確な状態で保つためには、運用面で不安が残ります。

そこでSMOOZはそういった充実した機能をSaaSとして提供することで
既存のシステムなら改修いらずで、データ管理を便利にし
新規システム構築時から利用すれば不要な開発を削減して早期開発・コスト削減を実現するクラウド型サービスです。


データ管理業務
このような課題はありませんか?

今さら数年前のシステムのデータ更新機能の改修に開発費用をかけたくない。とはいっても、データ更新のためだけにベンダーに依頼するもコストがかかる。

システムを早期リリースをするために、マスタメンテナンス部分を簡素にしすぎると、リリース後の運用作業に支障が出てしまう。

SQLによるデータ操作では知識がいるため全員に操作させるのはスキル面で不安が残り、システム担当者が対応するのでは担当者に負担がかかる。

SMOOZで解決できます!

マスターメンテナンス/データ操作に必要な機能がオールインワン!

運用がラク、クリック操作で簡単!
SQLの専門知識の無い運用担当者でもデータ変更可能

ブラウザ操作で初期設定も簡単!
インストール不要でマスタデータを操作・変更が可能に!

ガバナンス強化!
権限管理機能とデータ更新の操作ログが残るのでガバナンス強化!

SMOOZはRDB(データベース)サーバーをウェブブラウザで操作するためのクラウド型データベース操作ツールです。
SQL文を記述することなく各種データベースに対して様々な操作が行えるのでデータ操作が簡単!

SMOOZの主な機能一覧

既存システムを変えずに、データ更新に関わる機能で効率化を実現!

対応データベース


PostgreSQL、MySQL、MariaDB、Amazon Aurora、Microsoft SQL Server、Oracleに対応しています。主要なビジネスデータベースに対応することで、ビジネスシーンでの利用を強力にサポートします。

操作権限管理機能


データベースごとに様々なアクセス権限を設定することができます。2024年中頃には、ユーザーごとにレコード単位(行レベル)で制御できる機能の実装も予定しています。


NEW

関連データ参照機能


関連するテーブルが存在する場合、IDを基にして他のテーブルのデータ値を直接参照し、入力時にはそれらの値から選択することが可能になる機能です。


監査ログ参照機能


2年間いつ、だれが、どこで、なにをしたかが可視化されているため内部監査や外部監査で必要になる操作ログを取得することができます。


入力ルール設定機能


入力ルールを必須にすることやデフォルト値を設定したりプルダウン、文字数や大文字、小文字、正規表現など様々な入力制限をかけることで操作担当者ごとによる文字揺れをなくすことができます。

IPアドレス制限機能


IPアドレスによるアクセス制限をかけることで、SMOOZへの外部からのアクセスを制限することができ、クラウド型システムでもセキュリティを担保することができます。

SMOOZはAWS 認定
ソフトウェアです

SMOOZはAWS ファンデーショナルテクニカルレビュー (FTR) を通過した「AWS 認定ソフトウェア (AWS Qualified Software)」です。

AWS ファンデーショナルテクニカルレビュー (FTR) は、AWS パートナーのソフトウェアがセキュリティ、信頼性、運用上の優秀性に関連する AWS ベストプラクティスに沿っていることを確認し、リスクを特定して修正するための技術レビューです。

FTRの通過により、お客様に安心と高いビジネス成果を提供するソフトウェアであることが認定されているため安心してご利用いただけます。

AWS JAPAN APN ブログ
AWS 認定ソフトウェアのご紹介 (2023 第 4 四半期)

SMOOZ
運用までのステップ

STEP
SMOOZの検討とお問い合わせ

資料ダウンロード無料トライアルオンラインデモもありますのでご検討ください。
なお、質問や疑問がございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください。

STEP
ご利用の申し込み

– アカウント作成
お客様専用のアカウントを作成し、ご利用開始の準備をいたします。
データベースへの接続は、AWS Private Link、VPN、SSLを使用して、接続のセキュリティを確保します。

STEP
SMOOZ初期設定

-「View」の設定
データベースのテーブルをSMOOZ上で直感的に操作できるViewに変換します。
ユーザー設定: ブラウザ上から簡単にユーザーアカウントの設定を行うことができます。

※ 「View」とはデータベース上のテーブルを閲覧・更新等を行えるようにSMOOZ上でテーブル形式のものに変換したものことを指します。

STEP
運用開始

– 実運用
SMOOZを活用して業務を開始しましょう。
サポート: 用途の拡張やメンバーの追加など、運用中の改善点や質問があれば、お気軽にお問い合わせください。


Service Cards

初期費用

0円

30日間

無料でお試し

月額料金

5万円/月(税別)

ユースケース(導入事例案)

アイディーエスについて

システムインテグレーターとしての
四半世紀を超える実績

1996年設立以降、当社は独立系システムインテグレーターとして常に中立的な視点を保ちながら、お客様にとって最適な提案を行い続けてきました。

私たちの目標は「ITサービスを通じて関係者全員の幸福を最大化する」というビジョンを実現することです。これを達成するために、「サービス力において世界一のIT企業になる」ことを目指しています。

SMOOZの開発も、私たちがシステムインテグレーターとして持つ公平で中立的な視点とサービスの質を高めるという目的から生まれました。

SMOOZに限らず、新規システム構築の相談やクラウド活用支援など幅広い提案を行うことが可能です。

AWS アドバンストティアサービスパートナー
としてのクラウド化支援

アイディーエスは、AWSのアドバンストティアサービスパートナーとして、AWSリセールサービスをはじめとするAWSの活用支援サービスを400社以上の企業様に提供しています。

SMOOZもAWS上に構築された認定ソフトウェアであり、近年では政府によるガバメントクラウドの推進も積極的に進んでいます。

私たちはAWSをはじめとする技術を活用した提案を通じて行政から民間に至るまであらゆるクラウド化の実現に向けたサービス提供に努めてまいります。

AWS環境構築・導入支援サニークラウドhttps://www.sunnycloud.jp/

よくある質問

◆ SMOOZ は何を目的としたサービスですか?

SMOOZは、お客様が保有するリレーショナルデータベース(RDB)に接続し、ブラウザを通じてデータの閲覧、更新、そして管理を行うためのデータベース操作ツールです。
他のクラウドベースのツールとは異なり、CRMツールのようにデータをクラウドに保存するのではなく、お客様の既存RDBをより効果的かつ便利に活用することを目的としています。
このアプローチにより、既存の基幹(スクラッチ)システムなどでのデータ操作の利便性が格段に向上させることができます。

さらに、SMOOZはシステム開発の初期段階からの活用にも適しています。SMOOZを用いてシステム開発を計画することで、開発工程における工数を大幅に削減することが可能です。このアプローチは、効率的なデータベース管理機能を初期から組み込むことにより、開発プロセスをよりスムーズかつコスト効率の高いものに変えることができます。

◆ SMOOZ はどのようなケースで利用するのに向いていますか?

RDBのエンジニア以外によるシステム操作の難しさ、もしくは既存の基幹システムなどが時代の流れとともに要件が変わり使いにくくなっているという課題を抱えている企業様に特にニーズがあります。
その場合、ユーザーフレンドリーでエンジニア以外でも操作可能なツールが何より必要で、さらには既存のシステムはそのまま活かしながら、効率とコストのバランスを考慮した改善が必要なため、そういった課題を抱えている企業様にオススメです。

つまり

・RDBのエンジニア以外もデータ操作する必要がある企業
・既存システムのデータ更新機能が使いにくい、あるいは改修コストを抑えたい企業
・システム開発初期段階から効率的なデータ管理機能を導入したい企業
・セキュリティを担保しながら、場所を選ばずにデータ管理業務を行いたい企業

上記のような課題をお持ちの企業や担当者におすすめです。
現状のシステムと合うかどうかなどは実際の画面をお見せしながらご説明させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

◆ SMOOZ をどのようにデータベースに接続しますか?

接続方法はデータベースの所有場所によって異なります。

AWSの場合
AWS上のデータベースへの接続には「AWS PrivateLink」を利用できます。このサービスは、AWSサービスやVPCエンドポイントサービスへのプライベートな接続(閉域接続)が可能になります。

AWS以外のデータベースやオンプレミス環境のデータベースの場合
オンプレミス環境やAWS以外のデータベースへの接続には、VPNを利用します。オンプレミスとAWS 間でVPN接続を行い、適切なルーティングとセキュリティ設定を通じて、安全な接続を確保します。

詳細についてはお気軽にお問い合わせください。

既存システムへの影響は?

SMOOZは既存のRDBに接続して利用するため、既存システムに大きな変更を加える必要はありません。そのため、既存システムへの影響を最小限に抑えながら、データ管理業務を効率化できます。

サービス資料ダウンロード

資料ダウンロードはこちらから

無料で体験してみる

まずはオンラインデモで操作感を確認

お問い合わせ

サービスに関するご不明点など大小問わずお気軽にお問い合わせください。