課題①:予約管理系システムで、エンドユーザー様向けに利便性を向上させ、運用コストを軽減したい

システム上で変更できない例外的な情報を修正するためには、直接データの書き換えが必要です。しかしどれだけ単純な情報であったとしても、宿泊業者が自身でデータの変更を行うことはシステム都合上厳しく、そのためだけに機能を実装するのは非常に手間です。そのため修正を受け付けようとすると、その都度問い合わせを受ける必要があり、そのため運営側(システム企業側)だけでなく、宿泊業者にとっても非常に手間がかかる状況です。

こういったケースの場合で問題を解決するには、権限にごとに分けた設定が必要で、さらに店舗が全国に存在する可能性がある場合には、都度のインストールは手間で、クラウド上での操作が可能であることが必須条件となります。
またエンドユーザー様はプログラミングに関する知識がないため、クリック操作だけで完結することが求められ、また複雑なインストールの必要がないことも重要な条件です。
ただその解決のためのハードルは高く、権限設定、操作管理機能、入力規則機能などの機能がある点でデータの管理が可能な機能が必要です。

その場合SMOOZを利用することでエンドユーザー様も情報の変更ができ、アクセス制御をしながら管理することができるのでお互いの不便さを解消することができます。

課題②:エンドユーザー様によっては電話などで気軽に変更依頼をしたい企業様もいるがその変更が特定の業務知識のある従業員しか行えない

エンドユーザー様の業種によっては操作を自身で行うよりも電話やメールの方が気軽とメリットを感じるケースもあります。
そういうケースであったとしても、仮に電話でシステム提供企業様に依頼が来た際にいままでは特定の人員がSQLを操作しているケースがある場合にはSMOOZを使うことでメリットがあります。
電話を受けた人が変更すれば素早く変更が可能ですが、そのようなケースの場合には別の担当者にその内容を依頼するという2重の依頼になりミスを生みやすくするばかりか、属人的になり、特定の変更担当者への負荷が大きくなりがちです。
また通常のデータベース操作ツールや、管理システムがすでにあったとしても入力規則設定などが構築できないと「文字が揺れる」などの問題や操作履歴が残らないといった問題が発生するため、その再発防止対策がとれません。