よくある質問

◆SMOOZは何を目的としたサービスですか?

SMOOZはお客様の保有のデータベース(RDB:リレーショナルデータベース)に直接接続し、ブラウザを通じてデータの閲覧、更新、管理を行うためのデータベース操作ツールです。
そのため、SMOOZが他のクラウドツールと異なる点は、お客様のRDSを操作することを目的としているところでCRMツールのようにデータごとクラウドに保存するわけでなく現在のRDBをより便利にするというところに目的です。
これにより、既存の基幹(スクラッチ)システムなどのデータ操作の利便性を向上させることができます。

◆どのようなケースで利用するのに向いていますか?

RDBのエンジニア以外によるシステム操作の難しさ、もしくは既存の基幹システムなどが時代の流れとともに要件が変わり使いにくくなっているという課題を抱えている企業様に特にニーズがあります。
その場合、ユーザーフレンドリーでエンジニア以外でも操作可能なツールが何より必要で、さらには既存のシステムはそのまま活かしながら、効率とコストのバランスを考慮した改善が必要なため、そういった課題を抱えている企業様にオススメです。
現状のシステムと合うかどうかなどは実際の画面をお見せしながらご説明させていただきますので、お気軽にお問い合わせください

◆テーブル名が英語表記ですが利用ユーザには日本語で表示可能でしょうか?

可能です。テーブル名とは別にSMOOZ上で表記を変えることが可能です。

どのようにデータベースに接続しますか?

接続方法はデータベースの所有場所によって異なります。

AWSの場合
AWS上のデータベースへの接続には「AWS PrivateLink」を利用します。このサービスは、AWSサービスやVPCエンドポイントサービスへのプライベート接続を提供します。

AWS以外のデータベースやオンプレミス環境のデータベースの場合
オンプレミス環境やAWS以外のデータベースへの接続には、VPNを利用します。オンプレミスとAWS 間でVPN接続を行い、適切なルーティングとセキュリティ設定を通じて、安全な接続を確保します。

詳細についてはお問い合わせください。

AWS PrivateLinkについて教えてください。

AWS PrivateLinkは、AWSサービスやVPCエンドポイントサービスへのプライベート接続を提供するサービスで、インターネットを経由せずにデータのセキュリティを向上させることができます。具体的な設定方法としては、VPC内でエンドポイントを作成し、そのエンドポイントを使用して対象のAWSサービスやアプリケーションに接続します。

ほかのローコードツールと何が違いますか?

他のローコードクラウドベースのツールと異なる点は、お客様のデータを保持するわけではない点です。
スクラッチシステムのデータ管理部分のみをローコード化することにより、ノーコードツールが持つ自由度や拡張性の制限という問題を乗り越え、より柔軟なシステムの構築ができることを目指していることが他のローコードツールとの違いです。

◆SMOOZの主な機能は何ですか?

マスターデータのメンテナンスを直感的なUIでのデータ管理を行うことできる点です。

◆SQLの知識は必要ですか?

運用担当者はSQLの知識は不要で、直感的なデザインとUIを提供します。

◆SMOOZはクラウドサービスですか、それともオンプレミスのソリューションですか?

SMOOZはクラウドサービスとして提供しています。

◆SMOOZのセキュリティ対策はどのように行われていますか?

SMOOZは「AWS 認定ソフトウェア」であり、これはAWS ファンデーショナルテクニカルレビュー (FTR) を通過したことを意味しています。

AWS ファンデーショナルテクニカルレビュー (FTR) は、AWS パートナーのソフトウェアがセキュリティ、信頼性、運用上の優秀性に関連する AWS ベストプラクティスに沿っていることを確認し、リスクを特定して修正するための技術レビューです。そのためSMOOZは必要とされる基準を満たしたサービスで、サービスを利用するお客様にとっても不要なリスクを負うことなく安心してご利用いただくことができます。

お知らせ:マスターメンテナンス機能のSaaSサービスであるSMOOZが、AWSのFTRを通過し、「AWS 認定ソフトウェア (AWS Qualified Software)」として認められました。

◆SMOOZの料金体系はどのようになっていますか?

初期費用や解約金はなく初月や解約時も日割りでのご請求となります。
料金に関しては料金ページをご確認いただくか、または詳細に関してはお問い合わせいただけましたら詳細に回答させていただきます。

その他ご質問はお気軽にお問い合わせよりご連絡ください。

サービス資料ダウンロード

資料ダウンロードはこちらから

資料ダウンロード

無料で体験してみる

まずは無料トライアルから

無料で体験してみる

お問い合わせ

サービスに関するご不明点など大小問わずお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ