SIerのケース

問題点(課題背景)

・顧客より、既存システムのデータ量が増加し、各企業ごとに操作を可能にしたいとの要望を受けた。
・ただし、企業ごとに操作できるデータは細かくわけたい。
・また、初期導入コストを抑えたいため大規模なシステム改修は厳しい。

SMOOZが実現できるポイント

権限細分化ができることが必須


複数の企業に操作させるためには「見せるデータと見せないデータ」を明確に管理する必要があります。そこをSMOOZなら実現可能です。

新規でシステムを作るコストや時間はない


現状運用しているシステムを別のツールなどに移行するのはコストがかかるものです。SMOOZは既存のDBを操作するだけのツールのため既存のシステムを活かして利用が可能です。

エンドユーザー企業にとってユーザーフレンドリーな操作の必要性

エンジニア以外が操作するかつ他社から利用してもらうにはブラウザから操作させることのできるSMOOZはその点を実現できます。