SSHポートフォワーディングは、特定のポート番号への通信を別のアドレスの特定のポートへ自動的に転送する技術です。この機能を使用すると、通信を暗号化するためにSSHを経由して通信できます。この記事では、SSHポートフォワーディングと、SSHトンネルについて記載します。

1 SSHポートフォワーディングとは?
2
SSHトンネルとは?
3 まとめ

1.SSHポートフォワーディングとは?

SSHポートフォワーディングは、ローカルとリモートのポートを転送する方法で、セキュアな通信を実現するための手段として広く利用されています。例えば、ローカルの8081番ポートにアクセスすると、リモートの特定のアドレスに自動的に接続されるように設定することができます。
そのためSSHポートフォワーディングを活用することで、セキュアな通信環境を簡単に構築することができます。

2.SSHトンネルとは?

対してSSHトンネルは、SSHポートフォワーディングを使用してセキュアなトンネルを確立する手法を指します。このトンネルを使用して、SSH接続を介して安全にデータを送受信することができます。
つまり同義で使われることが多いです。
そして、SSHトンネルは、ファイアウォールを回避するためや、非セキュアなネットワーク上での通信を暗号化するために使用されることが多いです。
簡単に言えば、SSHポートフォワーディングは特定のポートの通信を転送するためのものであり、SSHトンネルは任意の通信をセキュアなチャネルを通して転送するためのもので文脈により利用するシーンがかわります。

3.まとめ

SSHポートフォワーディングとSSHトンネルは、基本的には同じ技術を指していますが、使用する文脈や目的に応じて異なる名前で呼ばれることがあります。SSHポートフォワーディングは、特定のポートのデータを転送する技術に焦点を当てています。一方、SSHトンネルは、セキュアな通信トンネルを確立する手法を強調しています。