Amazon Web ServicesことAWSは米国時間11月28日に「AWS re:Invent」を開催。
そこで企業向けカスタマイズ可能な生成AI「Amazon Q」を発表。料金は月額は1ユーザー20ドルから。

日本国内の法人でも利用が広がっているOpenAIのChatGPT利用ユーザーを巻き込めるかどうかです。
なお2023年11月29日現在、ChatGPT Plusは新規登録を一時停止しています。

Amazon QはAWS上で構築されているため、AWSのアプリケーションを使用しているユーザ向けに、生成AIを活用してチャットで支援する生成AIアシスタントです。
現在は、プレビュー版として顧客に提供開始。そのほかにもAmazon Q in Connectが利用可能となります。

料金表によると、「Amazon Q Business」プランは月額20ドル。
上位プランの「Amazon Q Builder」は月額25ドルです。

なお日本語は現在未対応です。対応が待ち焦がれます。
料金表:https://aws.amazon.com/jp/q/pricing/


当社、株式会社アイディーエスは、AWS専業のサービスパートナーとして、AWSでのアプリケーション開発・AWS環境構築・導入支援~運用をトータルサポートする「Sunny Cloud」を展開しています。
また、AWS利用料を5%安く利用できるAWSリセールサービス「Sunny Pay」も提供しています。

お気軽にお問合せください。
https://www.sunnycloud.jp/awsresale/

スムーズロゴ

資料
ダウンロード

マスターデータのメンテナンスに関わる機能をまとめたSaaS「SMOOZ」は、リレーショナルデータベースの課題を解決するサービスです。
ご興味ございましたら資料をダウンロードください。

    おすすめ記事:SMOOZって何ができるの?|データ管理のメリットと利用シーン