スプレッドシートは、データ分析や管理に欠かせないツールです。しかし、その機能を最大限に活用するためには、いくつかの強力な関数を理解し、使いこなすことが必要です。今回は、スプレッドシートで使える最強関数5選をご紹介します。

1 ARRAYFORMULA関数
2 IMPORTRANGE関数
3 UNIQUE関数
4 SUBSTITUTE関数
5 VLOOKUP関数

1. ARRAYFORMULA関数

ARRAYFORMULA関数は、一連のセルに対して一度に計算を適用するための関数です。例えば、一列全体に同じ計算を適用したい場合に、この関数を使用します。つまり、ARRAYFORMULA関数を使うと、複数のセルに対する操作を一度に行うことができ、作業効率を大幅に向上させます。

参考:Google ドキュメントエディタヘルプ
https://support.google.com/docs/answer/3093275?hl=ja

2. IMPORTRANGE関数

IMPORTRANGE関数は、異なるスプレッドシート間でデータを共有するための関数です。この関数を使用すると、一つのスプレッドシートから別のスプレッドシートにデータを直接取り込むことができます。その結果、データの整合性を保ちつつ、複数のスプレッドシートを効率的に管理することが可能になります。

参考:Google ドキュメントエディタヘルプ
https://support.google.com/docs/answer/3093340?hl=ja

3. UNIQUE関数

UNIQUE関数は、一連のデータから重複する値を除去し、一意の値だけを返す関数です。データの重複を避けるため、またはデータの一意性を確認するために使用します。この関数を使うと、データのクリーニングや分析を効率的に行うことができます。

参考:Google ドキュメントエディタヘルプ
https://support.google.com/docs/answer/10522653?hl=ja

4. SUBSTITUTE関数

SUBSTITUTE関数は、テキスト内の特定の文字列を別の文字列に置換する関数です。この関数を使用すると、テキストデータの加工や整形を簡単に行うことができます。例えば、誤字脱字の修正や、特定の単語の一括置換などに使用します。

参考:Google ドキュメントエディタヘルプ
https://support.google.com/docs/answer/3094215?hl=ja

5. VLOOKUP関数

VLOOKUP関数は、特定の値を検索し、その値が見つかった行の別の列の値を返す関数です。この関数を使用すると、大量のデータから特定の情報を素早く見つけ出すことができます。また、データの関連性を調べる際にも役立ちます。

参考:Google ドキュメントエディタヘルプhttps://support.google.com/docs/answer/3093318?hl=ja

以上、スプレッドシートで使える最強関数5選をご紹介しました。これらの関数を使いこなすことで、スプレッドシートの作業効率を大幅に向上させデータ活用しやすくなります。ぜひ、日々の作業に活用してみてください。

スムーズロゴ

資料
ダウンロード

マスターデータのメンテナンスに関わる機能をまとめたSaaS「SMOOZ」は、リレーショナルデータベースの課題を解決するサービスです。
ご興味ございましたら資料をダウンロードください。