OpenAIは米国時間の1月24日、「GPT-3.5 Turbo」のアップデートおよびAPI料金の値下げを発表しました。以前11月には大幅な値下げをおこなっていましたが、そこからさらに入力金額が50%、出力金額が25%削減されています。

具体的な金額は
従来:入力$0.001/1K、出力$0.002/1K
新 :入力$0.0005/1K、出力$0.0015/1K

という料金になりました。

料金表:
https://openai.com/pricing


今回値下げにより
これにより、GPT-3.5モデルにはなりますが安価で使いやすくなりました。
GPT-4モデルにくらべ回答に柔軟性にはかけるものの、基本的なタスクなどについては補助として利用する分には非常に有用的です。内容は以下の通りです。

We released a new GPT-3.5 Turbo model (‘gpt-3.5-turbo-0125’) last week with input prices reduced by 50% to $0.0005/1K tokens and output prices reduced by 25% to $0.0015/1K tokens. This model also includes various minor improvements such as a bug fix for UTF-8 encoding in function calls. The default ‘gpt-3.5-turbo’ will point to this new model starting Feb 15th. 

In case you missed it, here is a round-up of our other recent developer launches:

  • Updated GPT-4 Turbo preview model ‘gpt-4-0125-preview, which completes tasks like code generation more thoroughly and includes other minor improvements and bug fixes
  • Two new embedding models, including a highly efficient `text-embedding-3-small` model and a higher-performance `text-embedding-3-large` model
  • Updated text moderation model `text-moderation-007`, which helps developers better identify potentially harmful text within their own applications
  • New ways to manage and understand API usage by assigning API key permissions from the API keys page and viewing granular usage at the API key level in the usage dashboard

要約内容:
OpenAIは、GPT-3.5 Turboの新モデルをリリースし、価格を大幅に削減しました。
入力価格は50%減の$0.0005/1Kトークン。
出力価格は25%減の$0.0015/1Kトークンです。

このモデルはバグ修正や小さな改善が含まれており、2月15日から”gpt-3.5-turbo”のデフォルトモデルになります。
また、GPT-4 Turboプレビューモデルの更新、新しい埋め込みモデル2種、改善されたテキストモデレーションモデル、API使用状況の管理と理解のための新機能も発表しました。

なお、GPT-4 Turboのプレビュー版は、「gpt-4-0125-preview」に更新。
英語以外のUTF-8に影響するバグの修正の修正なども行われているようです。

Open AI ブログ:
https://openai.com/blog/new-embedding-models-and-api-updates

スムーズロゴ

資料
ダウンロード

マスターデータのメンテナンスに関わる機能をまとめたSaaS「SMOOZ」は、リレーショナルデータベースの課題を解決するサービスです。
ご興味ございましたら資料をダウンロードください。