Googleは日本時間2024年2月9日より生成AI「Bard」の名称をAIモデルと同じ名称の「Gemini(ジェミニ)」に刷新することを発表しました。

Google Japan Blog
https://japan.googleblog.com/2024/02/bard-gemini-ultra-10-gemini.html

Gemini Advanced は、日本を含む 150 以上の国と地域で英語版からスタート。
利用可能言語は、今後順次拡大する予定とのことです。

Gemini Advanced:
https://gemini.google.com/advanced

Gemini Advancedは単体でサービスとして提供していません。
Google Oneの新プラン「Google One AI Premium Plan」の機能の一部として提供しています。
料金は月額 19.99 ドル ( 2900 円:税込み ) とのことで現在シェアを占めているOpen AIのChat GPT の有料プランChatGPT Plus(月額20ドル)とほぼ同額です。

ただし「Google One AI Premium Plan」の機能の一部として提供されためその他2TBの保存容量などもついてくるため、容量を利用する方にとっては割安となります。

スムーズロゴ

資料
ダウンロード

マスターデータのメンテナンスに関わる機能をまとめたSaaS「SMOOZ」は、リレーショナルデータベースの課題を解決するサービスです。
ご興味ございましたら資料をダウンロードください。